実績レポート キャンピングカーの秘密 お問い合わせ テレビ西日本 西日本新聞


九州を歩こう
九州を歩こう
ありのままの景色が、かけがえのない時間を届けてくれる。
その土地の昔からの暮らしや風土が作り上げてきた小径(こみち)。この小径を巡りながらありのままの風景を楽しんでみてはいかがでしょうか? “森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】”をフットパスと言います。イギリスを発祥とするフットパスという考え方。日本でも地域の良さを見直し、知ってもらうために全国に様々なフットパスが整備されつつあります。
九州でも、熊本県美里町で平成23年にはじめたフットパスの輪が、現在では九州内で20ヶ所以上もの地域で取り組まれ、これから取り組もうとするところも飛躍的に増えています。登山やハイキングとはちょっと異なる、その地域の歴史や文化や風土を感じるウォーキング。地図を片手にのんびり巡ってみませんか?



コース例を紹介
なかまフットパス底井野なつかしコース

中間市の中央を流れる母なる川遠賀川の西側、通称「川西(かわにし)」と呼ばれる
自然や文化財が多く残る地域を歩きます。
垣生公園の桜、月瀬八幡宮のかのこゆり(7月中旬~下旬頃みごろ)はお花見の名所です。
小山が多く景色も良い底井野を、菅原道真公や黒田藩主が旅の疲れを癒しに訪れています。
田園風景から底井野往還を巡る、どことなく懐かしい風景が広がるコースです。

詳しくはこちら

九州を遊ぼうメインページに戻る

株式会社SUBARU 福岡キャンピングカー&アウトドアショー 福岡アウトドア&キャンピングカーショー in 福岡 TW 株式会社シェアティブ 九州自然学校協議会 フットパスネットワーク www.jrva.com www.kurumatabi.com jrva-event.com